盗撮の対策

スマートフォンの普及によって、いつでも手軽に誰もが写真を撮影できるようになりました。撮影した写真をSNSで共有することも、日常の一コマとして馴染んでいます。

一方で、女性を狙った盗撮も知らず知らずのうちに行われています。盗撮した画像や映像を、本人の許可を得ることなくSNSにアップロードし、拡散したり、広告収入につなげているパターンもあるようです。ここでは、盗撮の対策について解説していきます。

盗撮のリスクが伴う場所

盗撮のリスクが伴う場所には、電車の車内や、駅や商業施設などに設置されているエスカレーター、スポーツクラブや衣料品販売店などの更衣室や、駅周辺などにある公衆トイレなどが考えられます。人によっては、滞在時間が長くなりがちな書店も盗撮のリスクがあると言われています。

特に駅などのエスカレーターや階段の上りでは、背後からの盗撮を防ぐために、バッグなどの持ち物で、スカートの中が覗かれないように注意しましょう。パンツスタイルの場合も同様です。

自宅での盗撮の対策

自宅での盗撮の対策には次のようなものがあります。

1.カーテンを閉める

窓のカーテンをこまめに閉めることで、遠方または近場からの盗撮を防ぎます。

2.玄関やベランダを片付ける

玄関やベランダに余計なものを置かないことで、盗撮者が隠れやすい死角を作らないことにつながります。

3.歩きスマホをしない

歩きスマホをしないことで、周囲に気を配りやすくなります。そのため、盗撮などの気配も感じやすくなり、同時に、盗撮のターゲットから外れやすくなります。